腹痛

腹痛について

腹痛腹痛は日常的にどなたにでも起こる症状ですが、緊急性が高く早急な受診が必要なケースもあります。注意すべき症状について事前に知っておくことで、いざという時にも適切な対応が可能になります。

緊急受診が必要な腹痛

  • 腹痛に血便がともなう
  • 腹痛に吐血がともなう
  • お腹を刺されるような強い痛み
  • 生や加熱が不十分な魚介類を食べた後の腹痛
  • 歩くなど、動作が響くように感じる腹痛
  • 痛い部分を押し、離した際に痛みが強くなる など

早めの受診が必要な腹痛

  • 慢性的に腹痛が続いている・再発を繰り返す
  • 腹痛以外の下痢・便秘・発熱などの症状がある
  • 食事をすると腹痛が起こる

緊急性が高くない腹痛

  • 一過性の軽い痛み
  • 食べ過ぎなど明らかな原因がわかっていてすぐ改善する腹痛

腹痛が発生する原因

疾患が原因で起こっている器質性の腹痛と、腸管の動きなど機能性の問題で生じている腹痛に分けられます。大腸がんや炎症性腸疾患による腹痛は器質性、過敏性腸症候群による腹痛は機能性になります。

腹痛を起こす消化器疾患

腸閉塞

腸管が閉塞してしまっている状態で、強い腹痛をはじめ、膨満感や嘔吐などの症状を起こします。緊急受診が必要な状態です。

急性虫垂炎

一般的には盲腸と呼ばれていますが、実際に炎症が起こっているのは細長い虫垂です。軽度の場合には抗生物質による治療で改善できる場合もありますが、炎症が悪化して強い腹痛を起こしている場合にはできるだけ早く開腹手術が必要になる場合もあります。

急性胆のう炎

胆のうに炎症が思っている状態で、胆石や総胆管結石、胆道のがんなどによって生じることがあります。命に関わる可能性があり、抗生物質の効果が届きにくいことから症状が重い場合には緊急手術が必要になることがあります。

急性膵炎

膵臓に炎症を起こしている状態で、飲酒や胆石などが原因で生じることがあります。激しい上腹部痛を起こし、入院による治療が必要になることが多いため、できるだけ早く受診する必要があります。

子宮外妊娠

子宮で着床するはずの受精卵が、それ以外の場所に着床してしまっている状態です。卵管で着床した場合、受精卵が大きくなると卵管破裂による激痛や大量出血を起こします。緊急受診が必要な状態です。

S状結腸軸捻転など

S状結腸がねじれて血流障害を起こし、放置していると腸管の壊死につながるため、早急な治療が必要です。状態によっては内視鏡による整復が可能ですが、手術が必要になることもあります。

早めの受診が必要な消化器疾患

胃・十二指腸潰瘍

胃や十二指腸の粘膜がえぐれるように深く傷付いている状態です。潰瘍が深いと大出血や穿孔を起こすことがあり、そうした際には緊急受診が必要です。また、出血で貧血症状がある場合もできるだけ早い受診が必要です。痛みやタール便などがある場合にも、できるだけ早く受診してください。

急性腸炎(感染性腸炎)

腸に炎症が発生している状態で、ウイルス性と細菌性に分けられます。状態によってはできるだけ早く受診する必要があり、多くは内服治療と安静で治癒します。

胆石症

胆のうに結石ができている状態で、サイズや位置によって痛みを起こすことがあります。胆のう炎や胆のうがんの発症リスクを上昇させてしまう可能性がありますので早めに消化器内科を受診してください。

尿路結石

左右背部に激痛を起こすことが多く、尿管の特に狭い部分を結石が通過する際には激しい痛みを生じます。薬物療法で痛みなどの症状を緩和させ、水分を十分に摂取することで自然に排出されることが多くなっています。

胃がん・大腸がん

胃がんや大腸がんでも腹痛を起こすことがあります。この場合には、できるだけ早く受診して内視鏡検査を受け、確定診断されたら適切な治療を受けることが重要です。

過敏性腸症候群

腸の機能的な問題によって症状を起こしているとされている疾患で、腸の機能をコントロールしている自律神経はストレスの影響を大きく受けるため、緊張や不安などをきっかけに腹痛や下痢、便秘などを起こします。適切な治療によって症状を改善できますので、体質と諦めずに早めに消化器内科を受診してください。

大腸憩室炎など

大腸に憩室という袋状のくぼみができている状態で、そのままでは特に症状を起こすことはありませんが、出血や炎症を生じると痛みなどを起こします。

腹痛がある場合の検査・診断

胃内視鏡検査

胃カメラ食道・胃・十二指腸といった上部消化管の疾患が疑われる場合には、胃内視鏡検査で粘膜の状態を精密に観察する必要があります。検査中に疑わしい部分の組織を採取して病理検査を行うことでさまざまな病気の確定診断も可能です。鎮静剤を用いることで苦痛なく楽に検査を受けていただけます。

大腸内視鏡検査

大腸疾患が疑われる場合に行います。大腸全域の粘膜を詳細に観察でき、検査中に疑わしい部分の組織を採取して病理検査を行うことでさまざまな病気の確定診断も可能です。また、検査中に前がん病変の大腸ポリープが発見された場合には、その場で切除して将来の大腸がん予防につなげることもできます。鎮静剤を用いることで苦痛なく楽に検査を受けていただけます。

腹部単純レントゲン検査

腸閉塞などの有無をガスの状態によってスピーディに調べることができます。

腹部超音波検査

最も簡単に臓器の状態を調べることができ、安全性の高い検査です。肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、膀胱、前立腺などの検査に適しています。空気があると観察できないため腸管内の検査には適していませんが、腸管のむくみなどの確認には役立ちます。

こうした検査で原因を確かめ、適切な治療につなげます。腹痛を繰り返す、激しい痛みがあるなどの場合にはできるだけ早く消化器内科を受診してください。

  • 043-242-5888043-242-5888
  • 待合状況確認待合状況確認
  • 求人募集
TOPへ